新鮮で美味しいりんご7976を選びたい時のポイント

美味しいりんごを買いたい時の選ぶポイントは、まず色が真っ赤な物を選びましょう。りんごが赤い理由は、赤色の色素である「アントシアニン」を含んでいるからです。日光があたりより良い環境で栽培されたりんごは「アントシアニン」が豊富ですので、甘みが強くビタミンCが多い美味しいりんごとなります。青りんごの場合は、より黄色の物を選んでください。 りんごの尻が黄色の物が良く熟しています。サイズは大きすぎるものは大味で小さい物は、未熟な場合があります。従って、中ぐらいなサイズで手で持った場合しっとりと重みを感じられる物が良いです。指ではじいてみてピンと弾んだ音をする物が身がしまっています。りんごの香りの成分は、アルコール類やエステル類が含まれていますが、良く熟しているものは香りが良いです。実際に手にとって香りをかいでみると良いでしょう。ただ、熟しすぎたりんごの場合は、発酵臭が出て美味しくないです。 ツルがピンとしていて指で押しても折れない物が新鮮です。しなびている物は鮮度が落ちています。また、ツルからりんごは栄養を運んでいます。より太いツルのりんごの方がたくさんの栄養を含んでいて美味しいです。りんごを触ると皮がベタベタする物がありますが、これはりんご自身が出しているリノール酸とオレイン酸という不飽和脂肪酸で人体に悪くなく、むしろ乾燥を防いでいて新鮮な証です。

りんご7976に含まれるさまざまな栄養素について

りんごのおよそ85%は水分です。残り15%の成分はさまざまな栄養素で構成されています。まず第一に挙げられるのはカリウムです。この物質は塩分を体内から出す働きをもっており、血圧を下げるのに役立ちます。また、りんごの皮にはクチンなどの食物繊維が豊富にあります。この物質には整腸作用があります。他にも、活性酸素を抑制することで知られるポリフェノールやエピカテキンが多く含まれています。これらの物質は美容に関心を持つ人々に注目されています。