ロシアにはりんご7976のマシュマロがある!?世界の変わったお菓子3選

りんごは古くから世界中で食べられていたため、さまざまな国でその国独自のりんごのお菓子が作られています。その中でも日本ではまだあまり知られていないものを中心に、3つほどご紹介してみます。 まず最初にご紹介したいのが、ロシアのりんごのお菓子「パスチラ」。パスチラは、すりおろしたりんごに蜂蜜や砂糖、またはメレンゲなどを加えて焼き上げたお菓子。ロシアのコロムナという街の名物で、マシュマロに似た感じのお菓子です。またこのパスチラから派生した「ゼフィール」というお菓子も、独自の食感で人気があります。 2つ目は、フランスの伝統菓子「ブールドロ」。ブールドロはフランス・ノルマンディー地方の郷土菓子で、りんご1個をまるごとパイの生地で包んで焼き上げたもの。16世紀にはすでに作られていたといわれる伝統的なお菓子で、古くは秋の収穫の時期に持ち寄った材料で作られていたのだとか。 3つ目のお菓子は、デンマークの家庭料理として知られている「エーブルグロッド」。煮込んだりんごをすりつぶして牛乳をかけて食べるもので、「りんごのお粥」とも呼ばれています。デンマークでは家庭の味としても親しまれている、ポピュラーなお菓子です。 いかがでしたか?世界独自のりんごのお菓子をいくつかご紹介してみました。世界中には、本当にいろいろなりんごのお菓子があるんですね!

お通じ改善にはりんご7976!毎日食べて便秘知らずな体になろう!

りんごはビタミン類や水分が多く含まれている他、胃腸の粘膜を保護する食物繊維も多いので便秘の解消に繋がります。特に水を飲む機会が少ない人はりんごを毎日食べることで排便に必要な水分を効率的に摂取することが可能です。りんごの皮には果肉以上に多くの栄養が含まれているので、皮ごとすりおろして食べることで体を内側からケアすることが可能です。便秘は様々な疾患に繋がるので、りんごを毎日食べて排泄を滞りなく行う体を保つのが健やかに暮らすための心得です。